「両親が不仲で結婚に対して良いイメージが持てない…」

と、お悩みではありませんか?

多くの方にとって、「最も身近な結婚のロールモデル」は両親になるかと思いますが、その関係が上手くいっていない場合はどうか?

ご自身の結婚に対しても、なかなか良いイメージを描きにくくなってしまいますよね。

今回は、そんなお悩みに対して回答してみました。

ぜひご参考下さい。

この記事に書かれていること

・結婚に対して良いイメージが描けない場合はどうする?

・幸せな結婚生活を実現する上で、フォーカスすべきポイントとは?

・ネガティブな思い込みを手放すために

 

婚活応援団長マミィマミィ:皆さんこんにちは、マミィです。今日も私と夫のショウ君でクライアントさんからのご質問にお答えしていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

ショウ:お願いします。

 

婚活応援団長マミィマミィ:早速ご質問です。

(質問ここから)

マミィさん、私は両親が不仲で結婚に対して良いイメージが持てません。私はマミィさんご夫婦のように幸せな結婚がしたいのですが、良かったら、お互いに対して今どのような気持ちで過ごしているのか参考程度に教えていただいてもよろしいでしょうか?

(質問ここまで)

 

婚活応援団長マミィマミィ:ショウ君が私に対して、私がショウ君に対してどのような気持ちで過ごしているのかというのを聞きたいんやと思います。どう?

 

ショウ:本当に「ありがたいな」というか、結婚してよかったと思ってますよ。

 

婚活応援団長マミィマミィ:どの辺が?

 

ショウ:やっぱ楽しいし、くだらない話もするし真面目な仕事の話もいっぱいするじゃん、子供の事ももちろん話すし。そういう時間って一人の時には絶対に無いわけだし、ただただありがたいなと思いますよ。

 

婚活応援団長マミィマミィ:感動。なんかジーンときた。

 

ショウ:でも本当に思うね。

 

婚活応援団長マミィマミィ:良かった、ご質問いただいて。いつも言ってくれるけど、改めて、かしこまって言ってくれるとまた違うね。ありがとう。

 

ショウ:いえいえ、こちらこそ。

 

両親が不仲で結婚に対して良いイメージができない

 

婚活応援団長マミィマミィ:「ご両親が不仲」って書いてあるんですけども、

 

ショウ:身近な結婚のモデルケースが「不仲」だとなかなか…って事なのかもしれないですけどね。

 

婚活応援団長マミィマミィ:そうね。私のクライアントさんでも多いですよね。親があんまり仲が良くないから、あんまり結婚に対して良いイメージができないとおっしゃる方が結構多いですよね。

だから、そういう場合は反面教師として「自分はどんな夫婦生活を送りたいのか?」「どういう家庭を作って行きたいのか?」そこにエネルギーを注ぐのみだと私は思うんですよね。

望まない現実があるんだったら、反対に「望む現実」も分かるわけじゃないですか。「こういうのが嫌だ」というのがあるんだったら、望みも同時に絶対出てくると思うので、望む現実の方をイメージして、こっちの世界で生きていくって決めて生きるのはすごく大事なことだと私は思うんですよね。

例えばご両親がケンカばっかりするんだったら、じゃあ私はいつも穏やかに旦那さんと話をして、そういう家庭を作りたいと望んでいけば良いと思うんですよね。

私の家庭は普通なんですよ。すごく仲が悪いというわけでも無いし、小競り合いとか小ケンカは良く見ていますけど。笑

ただ、私の母親は全部やる人なんだよね。お父さんのお世話とか。全部やっちゃうんですよ。お父さんの足の爪まで切っちゃう。

 

ショウ:へぇ、すごいね。徹底的だね。

 

婚活応援団長マミィマミィ:徹底的。それをやっちゃうからお父さん何もしないのかなって思っちゃうんだけどね。そういうの見てきたから結婚すると男性に尽くさないといけないとか、良い母親は、良い妻はこうあるべきっていう方程式が出来ちゃったんですよね。

 

結婚に対してネガティブな思い込みがあった

 

婚活応援団長マミィマミィ:結婚すると、すごくしんどくなるのかなと思ってたけど、それも思い込みなんだなと思った。親がそうだからといって、私も同じようにする必要って全く無いなって思ったんですよ。

じゃあ私はどんな結婚をしたいのか?って思ったときに、私は自由でいたいと思ったので、本当にこう私はショウ君に対して思っているのは、いつも自由にさせてくれてるんですよね。

行きたいとことか、やりたい事とか「行っておいで」って言ってくれるし、本当に助かっていて、子供も小さいし、私が行きたいところに行っちゃったら、イベントとか講座とかもそうなんやけれども、子供を見てくれてるんですよね。

そういう部分でもすごく助かってるし、こんなにステキな旦那さんになるとは思っていなかった。正直最初は「チャライ人かな」って思ってたんだけれども。この前二人で小旅行へ行ったんですけれども、群馬県の水上にラフティングに行ったんですよ。

そこで色んな話をしたんだけども、なんか初めて見るリュックがあったのね、「いつ買ったの?」って言ったら「ボランティアの時」って言ってたよね。

 

ショウ:ここで言うのか。

 

婚活応援団長マミィマミィ:うん。3.11の震災の時にボランティアに行ってるんですよね。そういう話も初めて聞いて、知らないショウ君を見たよ。

 

ショウ:ちょっとぐらい、何かしようかなと思って。

 

婚活応援団長マミィマミィ:またそこで「良いな」って思ったよ。

 

ショウ:ああ、そう?

 

婚活応援団長マミィマミィ:なんかギャップがあるのも面白いなと思うよね。淡白そうな所もあるけれど、すごく情熱的な所もあったりするし、すごく嫉妬深いのかと思いきや、全然自由にさせてくれたりするし、面白いよね。本当にスルメみたい。

 

ショウ:スルメ(笑)

 

婚活応援団長マミィマミィ:噛めば噛むほど味が出るというか、だからこそ楽しいのかな。色んな面を持っているから、ある時は父親だったりとか、弟だったりとか、恋人だったりとか、夫だったりとか、本当に色んな面があるなって思ってるし。

兎にも角にも、いつも励まされて勇気貰って感謝してます。

 

ショウ:感動。

 

婚活応援団長マミィマミィ:という所ですかね。私のショウ君に対する思いって、いつもブログに書いているのでみなさんご存知だと思いますので。あんまり「ショウ君から私に対する思い」って皆分からんやんか。

 

ショウ:そうかも。

 

婚活応援団長マミィマミィ:すごく新鮮だったと思います。参考になれば良いんですけれども。是非是非何かのヒントにしていただければと思います。

はい、じゃあ今日はここまでです。是非YouTubeチャンネル登録をしてみてください。

 

ショウ:登録してもらうと見逃しとかが無くなるので、是非登録お願いします。あと高評価ボタンとかもあるので、もし良かったらポチッと押しておいてください。

 

婚活応援団長マミィマミィ:はい、じゃあまた皆さんお会いしましょう。またねーさよならー。

 

ショウ:さよならー。

 

「婚活が上手くいかない...」とお悩みのあなたへ


最高のパートナーとあっという間に結婚し、一生涯愛し愛される秘密をお伝えしていきます。

・出会いがない状態からモテモテな私へ

・知り合って7日後に告白される

・毎月1人ずつプロポーズされ結婚が決まった

など、幸せ報告が続々!

詳細はこちらをどうぞ